2018年5月22日火曜日

YYサロンについてご報告。

今回は、5月10日木曜日に行われましたYYサロンというサロン活動についてご報告いたします。

YYサロンは、介護予防サポーター講座修了者の方々と何か活動を、と地域包括支援センターから提案をし、発足したサロンです。YYとは、みんなで「わいわい」楽しく、と言う意味と、YMCAの「Y」を掛けてつけた名前です。
地域包括支援センターでは、年間の活動計画をボランティアの方々と立て、さらに毎月の活動内容の詳細や準備をみんなで一緒に考えて行っています。
今回は、体操とゲームを行いました。

気温が低い日だったため、ストレッチをしっかり行い、その後脳と身体のトレーニングであるコグニサイズを行いました。
その後、傘と新聞紙を使った対抗型のゲームを行いました。
白と赤チームに分かれて、ひっくり返した傘に新聞紙を投げ入れる、というものでしたが、全部で3回戦行い、全てやり方を変えて行いました。

第1戦目は、本のサイズ程度に切った新聞紙を1人10枚お渡しし、1分間の間に丸めてから傘に投げ入れる、というものでした。
丸め方が甘いとうまく飛ばず、また的の傘もゆらゆら動くため、中々うまく入れられない方が多くいらっしゃいました。
第2戦目は、的の傘を動かしたり高さを変えたりして行いました。
1戦目が引き分け、2戦目が赤が勝ち3戦目が白が勝つという結果で、最終的に引き分けました。

参加された方からは「ついムキになっちゃったわ」「一生懸命やったから身体が暖まったわ」と感想をいただきました。


体操とゲームの後は柏餅とお煎餅をお出しし、お茶の時間でした。
歓談が落ち着いた頃、熱中症について保健師よりお話しました。
意外と、暑くなり始めの6月が注意が必要ということや、ならないために気をつけること、なってしまった時の対処法などお伝えしました。


また、母の日が近かった為、皆さんにお花紙で作ったカーネーションを持ち帰っていただきました。

YYわいわいサロンは毎週第2木曜日に開催いたします。
今後も来られた方々が地域で元気に暮らせるように、介護予防事業に取り組んでいきたいと思います。

深見大和地域包括支援センター 新倉

2018年5月14日月曜日

大和YMCAデイサービス・菖蒲湯・母の日飾り付け作成


大和YMCAデイサービス・菖蒲湯・母の日飾り付けの作成を行いました。

 5月5日菖蒲湯を準備致しました。

菖蒲湯とは…
漢方の湯治療の1つでした。また、邪気を祓うと言われており、災厄を逃れるという風習があります。菖蒲(しょうぶ)は「尚武」や「尚武」に通じるということで、鎌倉時代あたりから用いられいたとされています。菖蒲湯の効果は「菖蒲」に精油となる成分が多く含まれています。血行促進や疲労回復の効果があると言われています。
ちなみに端午は、「端」には「初め」という意味があり、「午」は「五」と同音であることから、月の初めの5日のことを指して「端午」というようになり、この日の節句を「端午の節句」と呼ぶようになったそうです。


 
利用者の皆様たくさんの笑顔を見せてくださり、大変喜びの言葉を頂きました。
午後の活動時には新聞紙で兜を作りおやつには柏餅を一緒に頂いています。

5月13日は母の日でしたね。
大和YMCAデイサービスでは利用者の皆様と一緒にカーネーションに見立てたお花と飾り付けを行いました。
 
「自分のお母さんはもういないけどね笑」と話される方もいらっしゃいましたが、
「良いもんだね」「こういうの好きだよ」と黙々と取り組まれていました。

 
男性陣は苦手かな?と思った方も意外と細かい作業が出来る方がたくさんいらっしゃいました。
 





 全てのお母さんに感謝の気持ちを込めて作成し完成致しました。



大和YMCAデイサービス 齊藤

2018年5月7日月曜日

大和YMCAデイサービス・鯉のぼり作成

大和YMCAデイサービス・鯉のぼり作成しました。


 大和YMCAデイサービスではレクレーションの時間を使い、ご利用者様と一緒に鯉のぼりを作成致しました。



「昔は大きな鯉のぼりと兜を買ったものだ」「懐かしいね」等
昔話などもしながらもくもくと作業を行われていたり
 
普段はデイサービスでは、さみを使用しない為切るのが難しいかな?とお思う方も
器用にはさみを使い紙を切っていることに驚きました。

   どれを、どこに付けようかな?など皆様真剣に取り組まれました。






 個性豊かな鯉のぼりが完成!!
完成品がこちら、
皆様の鯉のぼりを泳がせました。
飾った後も「あれは私が作ったやつ」「かわいいでしょ」など
嬉しそうに話されていらっしゃいました。

 
 
大和YMCAデイサービス 齊藤
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2018年4月26日木曜日

大和南友遊クラブ総会ご報告。

今日は、4月25日水曜日に“大和南友遊クラブ総会”で行われた活動についてご紹介致します。

大和南第3自治会の同好会(老人クラブ)として、平成29年2月に発足した会で大和南自治連合会館の1階にて体操や講話を行っています。
通常は毎月第2土曜日に行っていますが、年に2回総会があり、そこで認知症の方への接し方について啓発活動を行わせて頂きました。

日常の中で良くあるシチュエーションで、認知症の方に対する接し方を寸劇を通してお伝えし、どの様に対応したら良いのかを考えて頂きました。
寸劇の後、認知症の方が使えるサービスに付いて説明をさせて頂きました。


大和市で2017年10月1日より開始した、はいかい高齢者等SOSネットワーク登録者対象の個人賠償責任保険や、GPSシューズ利用について等一般の方はよく知らないサービスについて「初耳」「大和市はそんな色々やっているのね」というご感想をいただきました。
また、はいかい高齢者等SOSネットワーク登録者が持っているシールや反射ステッカー等、知らなければ素通りしてしまうけど知っていれば気にすることが出来る事を伝えることが出来ました。

今後も地域のサロンや倶楽部活動で啓発活動をさせて頂き、認知症の方が安心して過ごせる地域づくりを続けていきたいと思います。

深見大和地域包括支援センター 新倉 夕子

2018年3月28日水曜日

輪和Waコンサート

3月17日(土)午後1時から、大和市保健福祉センターホールにて「輪和Waコンサート」を開催しました。



この活動は、障がい児・者と共に歩む社会の実現を目指してスタートし、今年で11回を迎えました。
クラシックコンサートというと堅苦しく、気軽に足を運ぶことができないイメージがありますが、「もっと自由に鑑賞したい」「障がいのある人もそうでない人もみんなで手を取り合って音楽を楽しめたら」、そんな思いの詰まった取り組みです。


箏や尺八などの和楽器を取り入れたプログラムは初めてです。
1部は、出演者全員で演奏するメンデルスゾーンの『歌のつばさに』からはじまり、絵本朗読と映像に箏の演奏を合わせた『めっきらもっきらどおんどん』。
そして、『さくらさくら』『ふるさと』は、トーンチャイムや手話を体験する参加型のプログラムでした。
2部は、箏や尺八、ピアノやソプラノのソロ曲が中心で、それぞれの楽器の音色や澄みきった歌声を堪能しました。




アンコールの『見上げてごらん夜の星を』では、250名を超える来場者ひとりひとりが隣の方と手を取り合って歌い、会場が一つの「輪」になりました。


実行委員に加え、ガールスカウトの皆さんや養護学校の教員の方々にボランティア協力をいただきました。
またロビーでは、地域の障がい者作業所「やまねっと」さんと「麦の香り」さんが物品販売と作業所のPRを行いました。


来場された皆様からは「和楽器とのコラボ、絵本朗読との融合が素晴らしかった」「もっとこのようなコンサートが増えたら」「とても良い取り組みなので、ぜひ続けて」など、たくさんの感想をいただきました。


“横浜YMCAインターナショナル・チャリティーラン”の支援金を受けて実施しています。
これからも100年続くことを目指して取り組みます。

大和YMCA「輪和Waコンサート」実行委員会

2018年3月19日月曜日

東日本大震災復興支援&国際・地域協力募金バザーのご報告。

今回は、東日本大震災復興支援&国際・地域協力募金バザーのご紹介をさせて頂きます。

3月11日の10:00~14:00、大和YMCAライフサポートセンターにて上記のバザーを行いました。
横浜YMCAでは発生直後より被災地の支援を継続してきましたが、復興はまだまだ進んでいません。
今回は「3.11を忘れない」という思いのもと、地域の皆さまや関係企業のご理解・ご協力頂き、実施に至りました。
合わせて、アジアの人々の教育・自立支援、災害や紛争に苦しむ人々への支援も行ってまいりました。

地域の方々より献品頂いたたくさんの食器や雑貨、洋服などのバザーを中心として、ゲームコーナーや食品販売を行いました。



地区社協のボランティアの方々よりお赤飯ととん汁、小規模多機能居宅介護及びグループホームヴィラ愛成の職員及びご利用者様で作っていただいたお菓子、鎌倉ワイズメンズクラブの方々よりぜんざい、近隣の方より大根やほうれん草等のたくさんのお野菜、近隣店舗の方より卵焼きやカレー、デイサービスやグループホームにボランティアで来てくださっているアロママッサージなど、たくさんの方にご協力いただきました。


10:00~14:00という時間で約150組という大勢の方にご来場頂くことができました。当日参加してくださったボランティアは約30人でした。
また、大和市のイベントキャラクター“やまとん”にも来てもらい、イベントの広報活動を大和駅前等でしてもらいました。

来場してくださった方の声として「やまとんにチラシをもらったので来ました」「楽しく買い物、お食事ができました」「少しでも役立てたらと思います」と、様々な感想をいただきました。

大和市では、防災行政無線及びラジオで東日本大震災の発生時刻である3月11日14時46分に黙祷の案内が流れ、犠牲者に哀悼の意を捧げる黙祷をバザー参加の皆さまと行いました。

これからも募金活動を通して、地域の方・海外の方への支援を続けます。
ご協力ありがとうございました。

深見大和地域包括支援センター 新倉

2018年2月28日水曜日

2018年2月28日 ピンクシャツデー

 大和YMCAデイサービス・ピンクシャツデーについてご報告致します。

 大和YMCAデイサービスでは本日2月28日(水)職員、ご利用者様と共にピンクシャツデーの取り組みを行いました。

ご利用者様にも以前よりピンクシャツデーについてお話をしていた為
当日ご自宅にあるピンクのものを準備してくださったり
ピンクの洋服を着て来館してくださる方もいらっしゃいました。






 私たちは、日本中、世界中からいじめがなくなることを願っています。





大和YMCAデイサービス 齊藤